<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【日本】クロスメディア戦略考

ポッドキャスティングの広告活用が始まっている。日本コカ・コーラは缶コーヒー「ジョージア」のプロモーションサイトで、スポーツ選手などのインタビュー音声をとストリーミングを組み合わせて配信して注目を集めた。

発案者は「ブログもポッドキャスティングも手段の1つに過ぎないとし、安易にネットに頼る風潮を疑問視している。「ネットには得意・不得意がある。目的に合ったメディア組み合わせていくべき」とコメントしている。

「マーケティングは“やりたいこと”ありきなんです」と同氏は言う。マーケティングの目的をまずはっきりさせて、その後手段を選び、最適なものを組み合わせるのが順当。「ブログが流行しているから、とにかくブログでマーケティングしてみたい」――そんな考え方は本末転倒という。

最高の効果を得るには、各メディアの特性を理解し、目的や予算に合わせて、ネットと既存メディアを上手に組み合わせる必要があるという。

ネットは基本的にプル型。ユーザー自ら情報を取りに来てもらえるように仕向けるのが得意だ。これに対しテレビやラジオはプッシュ型。ボーッとしていても情報が入ってくる。

情報を探しに来てもらったり、フィードバックが欲しいならネットを、マスに向けて強力発信したいならテレビを――というように、使い分け、組み合わせるクロスメディア戦略が今後重要になるという。

クロスメディアの成功例は「電車男」だ。ネットから始まり、書籍、映画、テレビと、全媒体を網羅して、誰もが知るコンテンツになった。「メディアが変われば、コンテンツも変わる」。各媒体ごとにストーリーや見せ方を変えた電車男のように、媒体に合わせて内容を変える柔軟性も必要だと指摘した。

番組枠の確保が必要なラジオと違い、ポッドキャストはコンテンツとサーバさえあればいつでも公開できるため、思い立った1カ月後には番組を配信できる。コンテンツの長さを自由に決められるのもメリット。ダウンロード数が分かるため、広告効果も測定しやすい。

(IT Media News 2005.9.22)
[PR]
by jagxj6 | 2005-09-24 03:11 | IMC

【日本】Blog視聴動向

d0011915_1312970.jpg

d0011915_1315913.jpg

(ビデオリサーチ 2005.9)
[PR]
by jagxj6 | 2005-09-20 01:33 | Word-of-Mouth

【日本】Blog導入企業のイメージ

d0011915_1253640.gif

(Japan Internet Com 2005.9.16)
[PR]
by jagxj6 | 2005-09-20 01:26 | Word-of-Mouth

【日本】コンテンツ連動型広告の市場規模予測

コンテンツ連動型広告は今後5年間急速に成長を続け、2009年には検索連動型広告の
1,325億円に対してコンテンツ連動型広告795億円と、両広告の比は6:4程度にまで
縮まるものと予測している。
d0011915_050752.jpg

「コンテンツ連動型広告」
ページ内容に応じて自動的に配信・表示される数行のテキスト広告で、検索連動型広告
の関連サービスともいえる。サイト運営者がページに広告スペースを設置すると、広告
配信元はそのページ内容や文脈を解析し、適切な広告を配信する。代表的サービスは
グーグル「コンテンツ向けAdSense」およびオーバーチュア「コンテンツマッチ」。閲覧者
が広告をクリックした時点で広告出稿者への課金とサイト運営者への支払いが
発生する。ニュースサイトやポータルサイトのほか、ブログなどでの掲載が進んでいる。

「検索連動型広告」
検索キーワードに連動して検索結果ページに表示されるテキスト広告。その掲載順位は
入札により決定され、広告がクリックされた時点で課金が発生する。
オーバーチュア「スポンサードサーチ」やグーグル「アドワーズ広告」が代表的。

(アウンコンサルティング 2005.9.13)
[PR]
by jagxj6 | 2005-09-16 00:54 | 広告

【米国】好調な屋外広告販売

屋外ビルボード広告の販売が好調である。
シカゴ、LA、サンフランシスコは今年中の在庫がもうほとんど完売状態。メディア
調査のTNS Media Intelligenceによると全米の屋外広告市場は、今年前半で
対前年9%の伸びになっているという。

TVCMがDVRによって飛ばされ、Podcastでラジオが聞かれなくなり、
携帯やオンラインコンテンツの浸透で、雑誌や新聞が読まれなくなって
いる状況下、新しいメディアプランとして注目されていると思われる。

TV中心のマスメディアキャンペーンから、商品やターゲットにあわせた新しい
メディアプランへという動きは大きな流れのようだ。

(Ad Age.com 2005.9.13)
[PR]
by jagxj6 | 2005-09-15 09:08 | 広告

【米国】商品や人種による口コミの影響度

 ブログの口コミが、消費者の購買行動に影響を与えているが、それは商品や人種に
よって影響の度合いに違いがある。

 購買時にブログの影響を最も受ける商品はエレクトロニクス製品。また白人に比べ、
ヒスパニック系やアフリカ系の方が影響を受ける。
  
医薬品
ヒスパニック(2%弱)、白人(約1%)、アフリカ系アメリカン(3%強)

自動車
ヒスパニック(3%強)、白人(約1.5%)、アフリカ系アメリカン(3%弱)

エレクトロニクス
ヒスパニック(7%強)、白人(約4%強)、アフリカ系アメリカン(8%強)

d0011915_21184.gif

(BIGresearch 2005.9)
[PR]
by jagxj6 | 2005-09-13 02:11 | Word-of-Mouth

【日本】企業ブログ管理の難しさ

ネット上の情報発信を強化しようとして、カベに突き当たる企業が増えている。消費者に積極的に参加してもらう新方式を思うように使いこなせないのだ。背景には、ネット上の力関係が変化していることがある。

 キリンビール子会社で健康食品を販売するキリンウェルフーズ(東京・江東)。最近設けたブログ(簡易ホームページ)の管理に頭を悩ませる。
 このブログは女性限定で、同社のダイエット食品の利用者や、関心のある人を対象に4月に開設した。体重や体脂肪率を書き込んで記録できる仕組みが好評で、すでに会員は5,300人まで増えた。ブログを見ながら製品を買い続ける人も多く、「効果は予想以上」とマーケティング部のは話す。
 ただ最近ではブログ上のやり取りが増え、他社製品の情報交換も目立ち始めてきた。キリンにとってはコストをかけてシステムを提供する意義が問われる状態だ。
 「ウチの製品の利用者に限定しよう」「それではブログの魅力が失われて元も子もなくなる」――ブログをどう制御するか、議論を始めた。
 
 ジャストシステムは、ネット上で自由な情報交換を行う会員紹介型のサイト「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」の利用を大幅に縮小する。
 大手SNSの中に日本語入力ソフト「ATOK」をテーマにしたコーナー(コミュニティー)を6月に開設。体験版ソフトのダウンロード情報や、社員との意見交換などが売り物で、会員数は予定を超えて1,600人まで増え、リンクした同社のホームページへの来訪件数も急増した。
 だが、会員数はすぐに減少に転じた。SNS担当の社員は一人で、話題がそれても修正は遅れる。質問への正確な回答を作成するのにも手間取り、その間に対応できない質問が増え続ける。これ以上のコストもかけられないとして、9月に入って情報更新を止めている。

 ブログにSNSと、新しい情報発信の形への期待は高まる。一方で、ネットが変化していることは忘れがちだ。
 企業のネットでの情報発信は従来、自社のホームページや、他サイトへのバナー広告が中心となってきた。最近登場した、個人のホームページで商品を推薦してもらうアフィリエイト(成果報酬型広告)プログラムも含め、こうした形式ではあらかじめ用意した掲示内容を見てもらえば済む。
 一方、ブログ、SNSは不特定多数の参加者を集めて臨機応変に情報を発信できるのが特徴。例えばメーカーが自社でブログサービスを始めれば、製品に興味を持った消費者が次々と意見を書き込み、自己増殖ともいえる拡大を始める。
 的確に対応、巧みに議論を盛り上げれば自社製品への支持を増やすことが可能。ただサービスの良さが期待されている分、回答や情報提供が遅いと利用者が興味を失うのも早い。素早く回答したり、脱線を防ぐには人数とノウハウが必要だ。
 一般の利用者が主導権をとるため、ホームページの延長のつもりで取り組むと制御できなくなると業界関係者は指摘する。これまで、ネット掲示板で自社に不利な情報が書き込まれた場合はその運営者に連絡すれば対応が済んだが、自前でブログやSNSのコミュニティーを運営するのははるかに難しい。
 
 NTTデータの藤村剛課長代理は「顧客と直接接点を持ちたい企業にとってブログ、SNSなどの効果は大きい。ただ自前で成功させるには覚悟が要る」と話す。
 今後、ネット上の情報発信については、ユーザー参加型の場を積極的に立ち上げる企業と、自社ホームページやバナー広告など従来型を中心に手堅く運営する企業に分かれると同氏は予測する。
 昨年10月に会員制ブログを開設した三越の金沢春康ゼネラルマネジャーは「コミュニケーションの場を提供するのが趣旨で、一人の担当者で対応できる範囲で運営する。物販など極端に内容を広げることは避ける」と話す。

(日本経済新聞 2005.9)
[PR]
by jagxj6 | 2005-09-13 01:10 | Word-of-Mouth

【米国】オンラインメディア広告シェア

2005年のアメリカの全広告費に占めるオンラインメディア広告のシェアは
4.6%で129億ドル、2009年には7.5%で223億ドルまで伸びるという予測を
発表した。

(eMarketer 2005.8)
[PR]
by jagxj6 | 2005-09-08 07:41 | 広告