<   2005年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ネット社会の影響

インターネットがもたらしたものの一つが情報の「大衆化」である。
一部のマニアが持っていた占有していたマーケティング情報を、一般の人々が
入手できるようになった。「情報」という財の自由な流通が、従来の生産者と
消費者の関係を根底から変えようとしている。

1.所有概念
   ネット配信で音楽は入手できるので、CDを所有する必要がなくなる。モノを所有する
   時代からサービスや価値を消費する時代に。

2.価格決定
   家電販売店では、価格比較サイトで調べた目当ての商品の最安値を示し、値引きを
   迫る客が増えた。主導権は客の方に移っている。
   新製品が安定して利益を上げる「旬」の時期は加速度的に短くなっている。企業が
   価格決定権を独占できた時代は終わった。

3.貨幣論
   航空会社のマイレージポイントを他に転用できるサービスも浸透してきているように、
   ネット取引で得るポイントの換金制度など実際の通貨を代替・補完する「ポイント
   経済」も広がる。

(日本経済新聞 2005.8)
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-25 22:49 | Word-of-Mouth

アフィリエイトプログラム

Amazon.comに代表されるようなEコマースを初め、デジタル音楽配信サービスをリードするApple ComputerのiTunes Music Storeは、アフィリエイトプログラムを提供している。同社のアフィリエイトプログラムでは、プログラム参加者のサイトからの訪問者が商品を購入した場合、売上の5%を手数料として、参加者に支払っている。

このようなアフィリエイトは確実に企業の顧客の捉えかたを変えてきている。最近の企業はより直接的に、消費者(音楽配信の世界ではリスナー)をマーケッター、あるいはリテイラーに変えようとしているのである。
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-20 04:12 | Word-of-Mouth

【米国】オンライン広告売上高の予測

eMarketerの予測によると、オンライン広告は、確実に増えていく。

オンライン広告売上高の推移と全広告に対する割合の予測
2004年:オンライン広告$96億 (全広告$2,630億)3.6%
2005年:オンライン広告$129億 (全広告$2,775億)4.6%
2006年:オンライン広告$156億 (全広告$2,880億)5.4%
2007年:オンライン広告$178億 (全広告$2,940億)6.1%
2008年:オンライン広告$202億 (全広告$3,030億)6.7%
2009年:オンライン広告$223億 (全広告$2,980億)7.5%

新聞社のオンライン売上高(主に広告)予測
2004年:$10.3億
2005年:$14.0億
2006年:$17.1億
2007年:$19.1億
2008年:$22.6億

新聞社のオンライン広告売上の前年比伸び率
2004年:38%
2005年:36%
2006年:23%
2007年:16%
2008年:18%

(eMarketer 2005.8)
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-20 04:02 | 広告

【米国】ネットユーザーの3割がブログ閲覧

- 2005年の1月~3月の間に、約5000万人が、ブログサイトを訪問。
- これは米国のインターネットユーザーの約30%にあたる。
- 5000万人というのは米国人6人に1人に相当する数。

(comScore Networks 2005.8)
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-13 00:39 | Word-of-Mouth

【日本】ネット口コミが消費に影響

- 「商品購入の際などにどんな情報源を重視するか」への回答として、ネット
  コミュニティー参加者は「知人との口コミ」に次いで「消費者がネット上に書き込む
  評価情報」と答えた人が多く約35%になる。

- 「情報・意見などを書き込んだことがある人」、すなわちRAMは16.4%、
  残る83.6%は閲覧するだけの「ROM」。

- アットコスメ http://www.cosme.net/ の口コミ件数は300万件に近い。

(日経MJ 2005.8.10)
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-12 02:47 | Word-of-Mouth

【米国】オンライン広告市場規模の予測

・オンライン広告市場は2010年まで成長し、その市場規模は2004年時点の2倍になる。

・2004年に93億ドル規模だったオンライン広告市場が2010年には189億ドルになる。

・市場の急成長を支えるのは、検索エンジンマーケティングで、同分野は年間平均
 成長率(CAGR)12%で推移する。

・クラシファイド広告(三行広告)の分野でも成長が見込まれる。同分野の年間平均
 成長率は10%で、2010年には売上が41億ドルに達すると見込まれる。

(Jupiter Research 2005.8)
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-10 00:54 | 広告

【米国】主要新聞社のネット広告収入が急増

ニューヨーク・タイムズなど米主要新聞の発行部数が伸び悩み、広告収入も頭打ち
となる一方、各社が持つインターネットサイトの広告収入が前年に比べ二けた増となった。

今年4―6月期決算によると、ニューヨーク・タイムズの全体の広告収入は
前年同期比3.8%増の5億7200万ドル(約640億円)で、このうちネット広告収入は
27%増。ワシントン・ポストも、ネット広告収入は21%増の1870万ドルと新聞広告収入
の約8分の1の規模にまで増えた。

ウォールストリート・ジャーナルなどを発行するダウ・ジョーンズでは、出版部門の収入が
7・2%減だったのに対し、ネット部門の広告収入は33.5%増。サンノゼ・マーキュリー・
ニューズなど30紙以上を発行しているナイト・リッダーも、傘下新聞社のサイト運営部門の
広告収入が52.7%増と急増した。

(共同通信社 2005.8)
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-08 08:44 | 広告

【米国】ブログの現状

・ 世界のブログの数が、5カ月半ごとに倍増する勢いで急速に増加してきている。
・ ブログの増加は、米国内のみならず、日本、中国、韓国、フランス、ブラジルなどで
  顕著に見られている。
・ 現在、世界では毎日約8万のブログが新たに立ち上げられており、これは
  およそ毎秒1件の割合でブログが新規開設されていることになる。
・ 今年7月末の時点で、ブログへの書き込み総数は毎日90万に達している。
  今年1月初めと比較して、倍以上に増加している。

(Technorati、2005.8)
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-05 01:24 | Word-of-Mouth

【米国】TeenのTV離れ

米国の8歳から14歳はTVに興味を失ってきている傾向にある。

TVはYounger Tween(8歳から10歳)の80%に支持されているが、
Teen初期(10歳から)になるとそれは60%まで下がっている。

最新のセンサス調査によると、
8歳から14歳の人口は2930万人。
8歳から11歳までが1640万人、12歳から14歳までが1280万人という内訳。
400億ドル市場といわれている。

(Packaged Facts 2005.7)
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-03 01:39 | IMC