<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【日本】クロスメディア・プロモーションに特化した新会社設立

電通とリクルートはMedia Shakersを9月に設立すると発表した。

携帯電話やインターネットを中心とした「メディアの多様化」と消費者の「ライフスタイルの
多様化」により、消費者を取り巻く環境は激変している。

それに伴い従来のマーケティング手法やコミュニケーション手法では、日々変化する
消費者を捉えられなくなってきている。

両者の経営資源を活用し、、消費者の購買意欲を刺激する、新しいコンタクトポイントや
マーケティング手法の開発を行うとともに、それらを最適に組み合わせたクロスメディア・
プロモーションの開発・セールスを行っていく。

クロスメディア・プロモーションとは、マスメディア、フリーマガジン、インターネット、
モバイルにおける広告と、PR、口コミ、セールス・プロモーション等を、ターゲット属性に
合わせて最適に組み合わせるコミュニケーション手法。
近年は、モバイル機能拡張を背景に、モバイル上でのプロモーションを核としたクロス
メディア・プロモーションに注目が集まっている。

(電通・リクルート 2005.7.25)
[PR]
by jagxj6 | 2005-07-27 00:51 | IMC

【米国】DVRが急増

昨年末の時点で、700万世帯でDVRが所有されていたが、2010年には、全世帯数の
47%にあたる5,500万世帯まで広がると予想されている。

(B&C 2005.7)
[PR]
by jagxj6 | 2005-07-26 02:14 | 広告

【日本】ネット広告費予測

- 2009年のネット広告費は総額で5,660億円と、04年実績に比べ3.1倍に拡大。

- 2005年のネット広告費は2,722億円で、電通調査による2004年の1,814億円から
  5割以上増加する。

- 2006年以降も2けた台の高い成長率が続き、2008年から2009年にかけても16%の
  成長率と高い水準を維持するという。

- 2009年のネット広告費のうちわけは、「バナー広告」や「テキスト(文字)広告」など
  を含む「ウェブ広告費」が最大で3,304億円。これに「グーグル」「オーバーチュア」が
  主として提供している検索連動広告が1,292億円で続く。
  2005年の検索連動広告は590億円で、4年間で2倍以上に膨らむことになる。

- 携帯電話向けの「モバイル広告」は775億円で、こちらも2005年の300億円から
  2倍以上に成長する。

- ブログの中に広告を掲出するような「コンテンツ連動広告」も139億円で、
  2005年の13億円から10倍近くに膨らむ見込み。

(電通総研 2005.7)
[PR]
by jagxj6 | 2005-07-22 01:51 | 広告

Screencast

Screencastは、パソコンの画面上の操作をそのまま記録し、それをストリームなどで配信するサービス。

ブログもテキストから始まって音声のポッドキャストへ、さらにはビデオブログへ。ブログがマルティメディア化へ拡大していくのは間違いないだろう。スクリーンキャスト・ブログも,その流れの中の一つである。
[PR]
by jagxj6 | 2005-07-22 01:29 | Word-of-Mouth

DVRがTV視聴に与える影響について

電通のレポートによれば、DVRの普及によって、ライブ視聴やCM認知度スコアは
下がらないという。
またDVR保有者は広告に対する態度が平均よりも好意的で、新聞や雑誌、
とくにテレビ情報誌への接触率が高いことも明らかになった。
結論として、DVRはテレビへの接触機会を増加させる装置であるととらえるほうが
適切であるとしている。

http://www.dentsu.co.jp/marketing/report/dvr2.pdf

(電通 2005.7)
[PR]
by jagxj6 | 2005-07-22 01:21 | 広告

【英国】テレビCMのスキップ

 英国で行った調査によると、英国成人のうちパーソナルビデオレコーダー(PVR)を所有しているのは6%、PVRを持っていない人の35%が購入に関心を示している。

 PVR利用者のうち90%、また広告主にとって重要な16~34歳の世代の97%が、テレビCMを「いつも」あるいは「ほとんど」早送りしていると答えた。この割合は過去6カ月で6%増えた。

 また利用者の45%は、テレビ番組をリアルタイムで見るよりも録画して後で見ることが多いとしている。半年前と比べると10%の増加だ。両方の割合が同じくらいと答えたのは27%、リアルタイム視聴の方が多いと答えたのは25%だった。

 PVR利用者の82%は、録画した番組を実際の放送時間とは全く違う時間に視聴している。この割合が最も高かったのは、映画(70%)とドラマ(53%)だった。
 PVRの購入を考えていない人にその理由を聞いたところ、16%が価格を挙げたが、それ以外の理由を挙げる人の方が多かった。今の録画機器に満足している人が約3分の1、PVRを買うほどにはテレビを見ないという人が21%だった。

(Ipsos(仏) 2005.7)
[PR]
by jagxj6 | 2005-07-16 01:12 | 広告

Behavioral Targeting (行動ターゲティング広告)

 Web広告において、従来の「ターゲティング広告」は、媒体の内容により「広告掲載面を分類」し、その広告掲載面に適した広告を配信することにより、広告効果を向上させようというものであった。「Behavioral Targeting」では、Web視聴者の行動履歴をもとに「Web視聴者を分類」し、そのWeb視聴者に適した広告を配信するもの。


 Web視聴者属性のカテゴライズ
  ①Recency(最近訪問度合い)
  ②Frequency(訪問頻度)
  ③Duration(滞在存在時間)

 行動ターゲティング広告は、2005年メディアコストの12.6%、2006年には65%増加し、メディアコストの20.8%に成長するとのこと。

(iMediaConnection 2005.6)
[PR]
by jagxj6 | 2005-07-16 00:53 | 広告