カテゴリ:Word-of-Mouth( 23 )

CGMの種類

企業広告よりConsumer-Genarated Media(消費者作成メディア)の方が
消費者への影響力が強くなってきている。

1. ブログ
2. SNS Social Networking Service
3. 掲示板、チャット、レビュー
4. ポッドキャスト
5. Brand Jack: ブランドのCMを勝手に作成してBroadCastする
[PR]
by jagxj6 | 2005-01-01 01:30 | Word-of-Mouth

Word-of-Mouthの手法

1. Influencer Marketing
   コミュニティー内の、影響力のある人物を見つけ出して、商品やブランドを紹介する

2. Buzz Marketing
   人々が商品やブランドについて噂するように、注目に値する話題や娯楽を作り出す

3. Viral Marketing 
   ネットなどを使い、商品やブランドに関する噂が加速度的に広がるような仕掛け作り

4. Community Marketing
   ユーザーグループやファンクラブを組織を運営して、支援する

5. Product Seeding
   試供品や商品情報を有識者など影響力のある人に適切なタイミングで供給する

6. Cause Marketing
   世間の関心事に働きかけ、支援し、興味を持っている人の支持を集める

7. Grassroots Marketing
   ボランティアを組織し、働きかける草の根運動

8.  Evangelist Marketing
   企業に代わってリーダーシップをとる熱烈なファン、代弁者、ボランティアを作る

9. Brand Blogging
   ブログを書く、ブログの場を提供することで、商品やブランドに関する認知度を高める

10. Referral Programs
   満足した顧客がその知人に情報を伝えることのできるツールを開発する

(http://www.womma.org/)
[PR]
by jagxj6 | 2005-01-01 01:20 | Word-of-Mouth

バイラルマーケティングの例

昨年の年末商戦の時に、某有名メーカーの依頼を受けて、バイトにそのメーカーのデジカメの話題を、掲示板やブログなんかにばんばん書き込ませた。あえて人気薄の機種を選んだが、3ヶ月も売り上げが持続する効果を得た。
(山本一郎著「けなす技術」2005)
[PR]
by jagxj6 | 2005-01-01 00:40 | Word-of-Mouth