IMCの課題とブランド

・課題

1.新規顧客の獲得
2.既存顧客とのコミュニケーションと管理
3.顧客サービスの統合
4.顧客ロイヤルティ・プログラムの構築
5.データ・マイニングによるクロス・セリングや顧客獲得の機会の発見

・持続的競争優位の確立。獲得も維持もますます困難な状況。製品・サービスの差別化から競争優位が得られない。唯一の持続的競争優位はブランドである。統合ブランドマネジメント。

・ブランドは製品・サービスや企業を差別化する重要な要素であり、顧客や消費者との持続的な関係を築くもの。顧客は価値や利便、心地よさを知覚したものと心理的な絆を築く。それが強いブランド特性。

・これまでブランドはマス・コミュニケーションに投資すれば築けるものと考えられてきた。しかし、実際は顧客の経験によって作られるものだ。そして顧客ロイヤルティは、長期にわたってブランドが顧客に提供する価値によって高められる。

・マス・ブランディングとワン・トゥ・ワン・マーケティングという両極端のアプローチを1つの統合的なコンセプトにまとめる。

・マーケターは常に、ブランド構築のためにメッセージの一貫性を追及すべき。
[PR]
by jagxj6 | 2005-01-01 00:10 | IMC
<< ブランド価値は「貯金」できる これまでのIMCの定義 >>