IMCのテーマ

その1: 精緻化された市場セグメントに対してマーケティング努力を統合すること-ターゲットを絞る-絞り込んだターゲットにカスタマイズされた製品・サービスを提供する。消費者からのレスポンスを最適化しつつ、マーケティング活動を効率化するようなターゲッティング。より入念にターゲッティングされた消費者セグメントに向けて、マーケティングを統合する。

その2: 時間及び他の消費者行動の要素を統合すること-消費者をどうとらえるか-時間と関連商品の選択を含め、消費者行動の要素を踏まえてマーケティングを統合する。ひとりの消費者が時間の経過と共に購買するものが変わる。体系的なクロス・セリングと売り上げ増の機会が存在する。クロス・プラットフォーム・ブランディング(さまざまな生活の舞台にブランドを拡張する)の機会をとらえる。

その3: 標準的なメディアおよび他のコミュニケーション機会を統合すること-消費者とのコミュニケーションはどうあるべきか-メディア露出をコミュニケーションの目的として偏重してはならない。消費者とブランドとの接点すべてがコミュニケーションの機会である。マーケティングは、標準的なメディアと他のコミュニケーション機会を包含するよう統合されるべき。
[PR]
by jagxj6 | 2005-01-01 00:50 | IMC
<< これからのマーケティング バイラルマーケティングの例 >>