なぜ統合マーケティングなのか

・これまではマーケターの視点から統合されたもので、顧客の視点からなされたものではなかった。

・50-70年代:マーケティングの4P-Product、Place、Price、Promotionを重視していた。商品の不足、人口の急増、世界各国が共通の文化を求めていた。需要より供給が重視された時代には有効であった。商品主導型市場・大量生産・大量消費を前提とした伝統的なマーケティング、マーコム手法。

・70年代末-80年代初頭:流通主導型市場。POSシステム。

・90年代初頭-現在:インターネット。デジタルコミュニケーション。顧客主導型市場。市場がインタラクティブにつながり、顧客が主導するサービス経済の中で、時間とスピードに本質的な価値がある。マス・カスタマイゼーション手法。マーケティングやマーコム施策を統合する必要あり。

・工場より多くの価値を創造するサプライチェーンのほうが重視される。マス・マーケティングとワン・トゥ・ワン・マーケティング(インタラクティブなマーケティング)をいかに一貫性のあるものに結合させるかが新たな課題となる。
[PR]
by jagxj6 | 2005-01-01 00:30 | IMC
<< バイラルマーケティングの例 ブランド価値は「貯金」できる >>