【米国】テレビ広告効果の低下

・2010年にはテレビ広告の効果は、1990年と比べて3分の1になる。
・プライムタイムの視聴率は10年前と比べて、50%も下がっているが、
 広告価格は40%も上昇している。
・ティーンの視聴時間は一般成人の半分。一方、ネットサーフィンなどオンラインに費やす
 時間は成人と比べて600%長い。

(McKinsey & Co. 2006.8.6)
[PR]
by jagxj6 | 2006-08-09 06:27 | 広告
<< 【米国】半数以上がCMスキップ 【日本】コンテンツ/検索連動型... >>