【日本】口コミに関するアンケート

「価格.com」上での口コミ情報に関するアンケートの結果。

口コミ情報によって、実際の購買行動に影響を受けたことがあるか=
85.3%が何らかの影響を受けていると回答した。

商品購入の情報源として重要視しているものは=
①友人・知人・くちコミ(ネットの掲示板含む) 56.9%
②店頭での現物チェック 52.9%
③テレビやラジオ番組、新聞雑誌の記事 36.5%
④商品カタログ 30.2%
⑤広告 11.6% 
⑥店員のアドバイス 0.9%

広告や店員のアドバイスを重要視する人は減少傾向にあり、カカクコムでは
「消費者が発信するくちコミの力がますます強くなっている」と見ている。

(株式会社カカクコム 2005.10.31)
[PR]
by jagxj6 | 2005-11-08 01:48 | Word-of-Mouth
<< 【中国】オンライン広告市場 CGM >>