【米国】主要新聞社のネット広告収入が急増

ニューヨーク・タイムズなど米主要新聞の発行部数が伸び悩み、広告収入も頭打ち
となる一方、各社が持つインターネットサイトの広告収入が前年に比べ二けた増となった。

今年4―6月期決算によると、ニューヨーク・タイムズの全体の広告収入は
前年同期比3.8%増の5億7200万ドル(約640億円)で、このうちネット広告収入は
27%増。ワシントン・ポストも、ネット広告収入は21%増の1870万ドルと新聞広告収入
の約8分の1の規模にまで増えた。

ウォールストリート・ジャーナルなどを発行するダウ・ジョーンズでは、出版部門の収入が
7・2%減だったのに対し、ネット部門の広告収入は33.5%増。サンノゼ・マーキュリー・
ニューズなど30紙以上を発行しているナイト・リッダーも、傘下新聞社のサイト運営部門の
広告収入が52.7%増と急増した。

(共同通信社 2005.8)
[PR]
by jagxj6 | 2005-08-08 08:44 | 広告
<< 【米国】オンライン広告市場規模の予測 【米国】ブログの現状 >>