統合マーケティングのゴール

消費者に対して、できるだけその人にふさわしく、意味のある体験を提供することである。
体験は、製品や企業とのコンタクトポイント(タッチポイント)において、長期にわたって
形成される。

消費者から見て1つの統合された体験になるよう、コンタクト全体を管理することが
重要である。

統合マーケティング・プランに、強力なブランド・コンセプト―製品そのものや、
それ以外のコンタクト・ポイントをを通じて、消費者にふさわしく意味のある体験を
提供するための指針―を反映させることである。

サブ・セグメンテーションやスコアリング・モデルを使って体験をカスタマイズし、
強い絆を消費者に感じてもらえれば理想的である。
[PR]
by jagxj6 | 2005-01-01 03:00 | IMC
<< 統合マーケティングのプロセス 既存顧客の維持 >>