【英国】テレビCMのスキップ

 英国で行った調査によると、英国成人のうちパーソナルビデオレコーダー(PVR)を所有しているのは6%、PVRを持っていない人の35%が購入に関心を示している。

 PVR利用者のうち90%、また広告主にとって重要な16~34歳の世代の97%が、テレビCMを「いつも」あるいは「ほとんど」早送りしていると答えた。この割合は過去6カ月で6%増えた。

 また利用者の45%は、テレビ番組をリアルタイムで見るよりも録画して後で見ることが多いとしている。半年前と比べると10%の増加だ。両方の割合が同じくらいと答えたのは27%、リアルタイム視聴の方が多いと答えたのは25%だった。

 PVR利用者の82%は、録画した番組を実際の放送時間とは全く違う時間に視聴している。この割合が最も高かったのは、映画(70%)とドラマ(53%)だった。
 PVRの購入を考えていない人にその理由を聞いたところ、16%が価格を挙げたが、それ以外の理由を挙げる人の方が多かった。今の録画機器に満足している人が約3分の1、PVRを買うほどにはテレビを見ないという人が21%だった。

(Ipsos(仏) 2005.7)
[PR]
by jagxj6 | 2005-07-16 01:12 | 広告
<< DVRがTV視聴に与える影響について Behavioral Targ... >>