Behavioral Targeting (行動ターゲティング広告)

 Web広告において、従来の「ターゲティング広告」は、媒体の内容により「広告掲載面を分類」し、その広告掲載面に適した広告を配信することにより、広告効果を向上させようというものであった。「Behavioral Targeting」では、Web視聴者の行動履歴をもとに「Web視聴者を分類」し、そのWeb視聴者に適した広告を配信するもの。


 Web視聴者属性のカテゴライズ
  ①Recency(最近訪問度合い)
  ②Frequency(訪問頻度)
  ③Duration(滞在存在時間)

 行動ターゲティング広告は、2005年メディアコストの12.6%、2006年には65%増加し、メディアコストの20.8%に成長するとのこと。

(iMediaConnection 2005.6)
[PR]
by jagxj6 | 2005-07-16 00:53 | 広告
<< 【英国】テレビCMのスキップ 【米国】ブランド価値増加率調査 >>